たばこ耕作資材試験

たばこ耕作資材試験

たばこ耕作資材試験とは

葉たばこ生産では多種多様な資器材が使われていますが、これらの資器材は過去に耕作資材試験を受け、たばこへの安全性および有効性が確認されたものです。 新しく開発された資器材がきちんとした評価を受けずにいきなり産地で使用された場合、たばこ耕作農家が多大な損失をこうむることもあり得ます。 そこで、このような事態を回避し、たばこ耕作農家の皆様に安心してお使いいただくために、当協会では、新しく開発された資器材について予め試験を行って評価を行っています。

たばこ耕作資材試験とは

なお、日本たばこ産業株式会社と全国たばこ耕作組合中央会の間で、当協会のたばこ耕作資材試験でたばこへの安全性、有効性などが確認された資材を産地へ導入普及するという覚書がかわされています。 有効性がまだ確認されていない資器材が産地へ持ち込まれた場合には当協会へご連絡下さいますようお願いいたします。

試験の申込み

葉たばこ生産用として新しく開発された農薬、肥料・土壌改良剤、苗床・本畑資材、機械、乾燥機などの資器材について、毎年9月1日から10月31日までの2ヶ月間、試験の受付けをしています。試験の申込みに あたっては当協会が指定した様式による「試験依頼書」を協会に提出していただきます。
なお、試験案内は賛助会員に直接送付するほか、9月および10月の「たばこ産業新聞」の技術開発協ニュースおよび本ホームページでお知らせしております。 農薬および機械・乾燥分野では、一部の試験でメーカーによる自主試験が可能です。
また、農薬では予備試験が実施可能となりました。ご希望がある場合には、それぞれ「メーカー自主試験の留意事項」 、「予備試験(農薬)」をご確認の上、お早めにご相談下さい。
また、「予備試験(農薬)」における試験成績書など、一部成績書については、有効例となるか審査をすることが出来ますのでご相談下さい(様式:「農薬試験成績書審査依頼書」)。

試験資料のダウンロード

試験の受託

試験依頼書が提出された資器材について、その特性や依頼内容などを専門委員が直接依頼者から説明を受けるヒアリングを11月中旬に行います。
このヒアリングにおいて依頼者の要望などを聞きながら試験計画を作成します。その後、ヒアリングした資器材に関し、たばこ作への適用可能性、試験実施の可能性、試験結果からの効果判定の可能性について、常任委員および専門委員で構成される受委託決定会議で審議し試験の受託を決定いたします。

近年の試験計画は下記からご覧になれます。

たばこ耕作資材委託試験計画

試験計画書は、試験負担金の請求とともに、12月下旬に依頼者にお送りします。試験負担金は2月末日までに振り込んでいただくことになります。

試験の実施

資器材の使用目的に応じて試験の実施時期や期間が異なります。通常はたばこが播種されてから収穫、乾燥を経て品質・収量調査を行うまでの期間で試験が実施されます。 試験は専門委員を中心に協会でとりまとめた「たばこ耕作試験実施要領」に基づいて行われます。実施場所は日本たばこ産業株式会社の研究機関、原料本部、県試験研究機関となっています。

試験結果の公開

中間成績

毎年10月後半に公開で中間成績検討会を開催し、それまでに得られた結果(本畑までの成績が中心)について専門委員から説明を受けます。 ここでは試験成績に 基づいて資器材を評価し、中間成績の総括コメントを作成します。したがって、調査未了の資器材は、そこまでの成績によるコメントを記載しています。

最終成績

翌年の2月下旬には最終成績検討会を開催し、中間成績検討会以降に得られた結果(収量品質調査結果、官能検査結果など)について専門委員から説明を受けます。この結果に 基づいて最終成績の評価を行い総括コメントを作成します。この試験成績および総括コメントは「公開公報」で公開いたします。

平成18年度以後の総括コメント(最終) は、下記よりPDFファイルでご覧いただけます。

      

変更申請(書類審査)

近年の技術革新の進展により、当協会のたばこ耕作資材委託試験が終了し、使用可能(合格)となった資器材についても改善が加えられた結果、仕様や型式の変更が頻繁に行われています。 メーカーの方々にはその都度、当協会が指定する様式による「変更申請書」を 必ずご提出いただくようお願いしているところです。 変更申請では、理由書と同様に書類審査手数料が必要 となる場合があります。
また、変更申請内容については、「たばこ産業新聞」の技術開発協ニュース、本ホームページ、および「公開公報」に掲載します。
最近の変更申請が承認された(書類審査)資器材は、下記からご確認下さい。

   書類審査(理由書、変更申請)により使用可能となった資器材一覧

変更申請が必要な資材と変更内容は以下のとおりです。

資器材 変更の内容
肥 料 ペットネーム、名称、仕様等の変更
苗床・本畑資材、土壌改良剤 名称、品番、仕様の変更
機械・乾燥 名称、型式、仕様の変更

当初の仕様や型式、名称が変更されている事例にお気づきになりましたら当協会へご一報下さるようお願いいたします。

理由書処理(書類審査)

「試験依頼書」や添付された技術説明書等により有効性が判断できるものについては、書類審査(理由書処理:下表)を行い、書類審査手数料が必要となります。
また、審査内容については、「たばこ産業新聞」の技術開発協ニュース、本ホームページ、および「公開公報」に掲載します。
最近の理由書処理(書類審査)により使用可能と判断された資器材は、下記からご確認下さい。

理由書の区分 内容
理由書A 公的機関等によるたばこでの新器材試験に準拠した成績書があり、有効性を判断できる場合
理由書B 過去に当該業者が試験実施した資器材の仕様変更で、基本性能等に影響するが、技術説明書または現物確認により有効性を判断できる場合
理由書C 過去の知見および技術説明書から判断し、有効性が明白な場合
理由書D 提出資料から、付加資器材としてたばこ品質に影響が無いと判断できる場合